モニカ ランボー。 モニカ・ランボー

『ワンダヴィジョン』に大人モニカ・ランボー登場! - 時系列は『エンドゲーム』後に!

ランボー モニカ ランボー モニカ

キャプテンへの昇進に執着していたことに気付き、水上警察を退職。 上述にある通り、原作コミックのモニカは2代目キャプテン・マーベルとして活躍。

1
既報によれば、モニカは特殊能力を有しているようで、演じるテヨナ・パリスは スーパーヒーローとしての活躍も示唆していた。

『ワンダヴィジョン』“覚醒”したモニカ 第7話の場面写真解禁 (2021年2月25日)

ランボー モニカ ランボー モニカ

」と述べている。

モニカはマー=ベルの息子である「 ジェニス=ベル」に出会うと彼の父の栄誉を受け継ぎたいという意思を尊重し「 キャプテンマーベル」の名を譲り、代わりに自分は「 フォトン 」というヒーロー名で活動を再開する。

『ワンダヴィジョン』“覚醒”したモニカ 第7話の場面写真解禁 (2021年2月25日)

ランボー モニカ ランボー モニカ

モニカの母親役はマリア・ランボーで、この映画ではラッシャーナ・リンチが演じる。 モニカには母を失った悲しみや後悔が渦巻いていた。

9
自分が正しいと信じることのためだったら、自らの身体も危険にさらす。

「ワンダヴィジョン」モニカ役俳優が“覚醒”語る「悲しみと向き合い、乗り越えた」

ランボー モニカ ランボー モニカ

「第4の壁を超えて」というタイトルが掲げられた第7話は、かつてマーベル・コミックの「デッドプール」で繰り広げられた、第4の壁といわれる観客に向かって劇中から突然話しかけるユニークなスタイルで始まる。 それには「次回作となる『アベンジャーズ/エンドゲーム』では、成長したモニカがヒーローの仲間入りを果たすという熱いサプライズがあるかもしれない!」と書かれており、IGNはモニカの登場を期待しているようだ。 それは、ウエストビューからワンダによって外の世界に追い出されたモニカ・ランボーだ。

19
本作におけるモニカの影響は未知数だが、少なくともストーリーにおける重要人物であることは間違いさそうだ。

MCU「キャプテン・マーベル」、流出した場面写真、モニカ・ランボー登場か?

ランボー モニカ ランボー モニカ

モニカはこの瞬間に初めて自分の中の後悔や悲しみを外に出すように叫ぶ。 本作に登場した国際平和組織S. 最新第8話は2月26日(金)配信。 「モニカの小さい時はどうだったのかを知るために、作品を見直して、あそこで何が起こっていたのかを確認しました。

10
しかし、 モニカはこの名前をあまり気に入っておらず、最終的にルーク・ケイジ率いる マイティ・アベンジャーズのメンバーとなった際に「 スペクトラム」と改名する。 マーベル・スタジオが贈る初のオリジナルドラマシリーズ「ワンダヴィジョン」の第7話が先週2月19日金曜日に世界同時配信。

『ワンダヴィジョン』“覚醒”したモニカ 第7話の場面写真解禁 (2021年2月25日)

ランボー モニカ ランボー モニカ

パリスの発言ならびに原作コミックでのモニカの能力を踏まえて、これまで(第7話まで)の「ワンダヴィジョン」劇中でのモニカを振り返ってみると、合点がいく場面がある。 キャプテン・マーベルこと主人公キャロル・ダンヴァースの親友マリア・ランボーの娘で、同作では子役のアキラ・アクバルが演じていた。 モニカ・ランボーは、映画『キャプテン・マーベル』(2019)でMCU入りしたキャラクター。

3
でもこのヘックスの壁を超えるとき、彼女は自信を取り戻し、自分がもう前に進めることを母親に示したいと感じるようになる。